函館大沼プリンスホテル 札幌プリンスホテル 富良野エリア 屈斜路プリンスホテル 釧路プリンスホテル
道南エリア   札幌・道央エリア   道東エリア
 
函館プリンスホテル 函館大沼プリンスホテル
森と湖に囲まれた北海道を代表するリゾート、函館大沼プリンスホテル。2015年の大規模リニューアルでは、四季折々に多様な表情を見せる函館大沼の大自然をデザインに盛り込み、自然の息吹を感じられるホテルへと生まれ変わりました。国定公園内にたたずむホテルで静寂の時をご堪能ください。
東京-新函館北斗間、最速4時間2分。
大沼国定公園
大沼国定公園は、1958年7月に、南北海道唯一の国定公園となりました。北海道の南西部渡島半島の中央部に位置し、函館大沼のシンボルである駒ヶ岳を中心に広がる自然豊かな自然公園です。
函館大沼プリンスホテルからは車で平常時約5分。
「大沼国定公園」は、七飯町、鹿部町、森町の3町にまたがって広がる。
広大なその面積は、約9,000ヘクタール。
刻々と周囲の色を変える夕刻時にはドラマチックな景色が広がる。
大沼湖の波打ち際まで行ける木道。途中に設置されたベンチからの眺望は大沼越しに駒ヶ岳の雄大さを体感出来る。
駒ヶ岳の火山活動によって作り上げられた景観。
函館の街を歩く
早くから独自の西洋文化を開花させた街、函館。
特に江戸末期から明治にかけて、さまざまな歴史が刻まれ、明治維新の動乱の舞台ともなりました。
そのような歴史と文化の背景を知ることで、函館の旅が一層趣き深く楽しいものとなるでしょう。
金森赤レンガ倉庫
異国情緒あふれる港の歴史を感じながら観光を。
1869年、金森洋物店を開業したのが始まり。
旧函館区公会堂
函館市重要文化財であり、北海道を代表する明治洋風建築の建物。
五稜郭跡
日本で最初の西洋式星型城塞「五稜郭跡」。現在は「五稜郭公園」として一般開放されている。
函館山からの眺望 函館の街を一望できる「函館山」からの夜景。山頂までの移動は、函館ロープウェイ。125人乗りのロープウェイは、約3分間で海抜334メートルの山頂まで到着。

函館大沼プリンスホテル おすすめ宿泊プランはこちら

道南エリア   札幌・道央エリア   道東エリア