北の大地で、フロンティア精神に出会う。

オールを持てば冒険心がさわぎ出し、絶景を眺めては言葉を失い、開拓史に触れては勇気をもらう。
「人って小さいなー」と「人ってすごいなー」を同時に感じるところ。それが北海道。

札 幌

日本にもピラミッドがあった?

モエレ沼公園

彫刻家イサム・ノグチが作った「大地の彫刻」。
公園に立つというよりは、彫刻作品の内部に入るような感覚を体験できる場所です。
広大な敷地には幾何学的な山や噴水、遊具などが配置されており、
自然とアートが融合した美しい景観を楽しむことができます。
住所:札幌市東区モエレ沼公園
アクセス:ホテルより車で平常時約30分 札幌プリンスホテル

ページトップへ

この肉球がかわいすぎる。

円山動物園

国内屈指の自然に恵まれた動物園。
天然記念物である円山原始林との境界部分には、50年前の札幌の身近な自然を目指す約2haの「動物園の森」があり、
国内でもこれだけ自然豊かな動物園は他に類を見ません。
住所:札幌市中央区宮ヶ丘
アクセス:ホテルより車で平常時約15分 札幌プリンスホテル

ページトップへ

札幌の奥座敷に癒やし有り。

定山渓

歴史と人気を誇る温泉に美しい渓谷。人々を魅了しつづける“札幌の奥座敷”です。
開湯は古く、1866(慶応2)年、修験僧・美泉定山(みいずみじょうざん)が湯治場を築いたことに始まります。
白糸の滝、湯の滝、舞鶴の瀞など、四季折々に美しい景色に出会えます。
住所:札幌市南区定山渓温泉
アクセス:ホテルから車で平常時約60分 札幌プリンスホテル

ページトップへ

恐竜に出会える人は、稀である。

豊平峡ダム

国立公園内の環境保護エリア、ダムと自然が織りなす紅葉の名勝地。
ダム周辺は切り立った岩盤斜面に囲まれた景勝地となっており、
ダムの豪快な観光放流(毎年6月1日~10月31日)と合わせて壮大な景観を形成しています。
住所:札幌市南区定山渓
アクセス:ホテルから車で平常時約60分 札幌プリンスホテル

     

【ポロクルでGO!】札幌グルメ旅♪選べる市場海の幸朝食プラン

期間:2017年10月30日(月)まで
料金:1名さま ¥6,685より(1室2名さまご利用時)
「ポロクル1日パス」で札幌の観光地を自転車で巡ろう! ※ポロクル札幌散策マップ付き。
朝食は場外市場の海の幸朝食、またはホテル朝食ブッフェから選べます。

ページトップへ

屈斜路

自然は時々、色彩の奇跡を起こす。

オンネトー

北海道の三大秘湖。刻一刻と移り変わる神秘的な色彩が圧巻です。
季節や天候、見る角度によって水面の色が変わることから、五色沼とも呼ばれ、とりわけ紅葉シーズンは見逃せません。
足寄群足寄町茂足寄 ホテルから車で平常時約90分 屈斜路プリンスホテル

ページトップへ

神秘の摩周湖のこどもたち。

神の子池

摩周湖からの地下水が湧き出ている山の奥にある池で、
摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれています。
摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も流れ出す川も無いことです。
それでいて、春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、
湖の周辺に神の子池などの伏流水を湧き出させているからなのです。
神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。
周囲220m、水深5mの小さな池で、 水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。
水温が年間通して8℃と低く、倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでいます。
その隙間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は何ともいえない不思議な美しさです。
住所:斜里群清里町
アクセス:ホテルから車で平常時約70分 屈斜路プリンスホテル

ページトップへ

小さな島は高さ約240mの火山の頂上。

摩周湖

「摩周ブルー」といわれる藍を流したかのような独特の深い青と、それを覆う乳白色の霧がおりなす幻想的な風景。
生き物のような霧の影響で変化する景色は四季を問わずさまざまな姿を映し出します。
原始の自然に囲まれた姿は「神秘の湖」と言われています。
住所:川上郡弟子屈町
アクセス:ホテルから車で平常時約30分 屈斜路プリンスホテル

ページトップへ

釧 路

自然は曲線でできている。

釧路湿原

釧路湿原には手つかずの原生の自然が存在し、釧路湿原の生態系の生命を釧路川が支えています。
湿原の大部分は湿地帯であり、固有の植物等が多く群生し、
タンチョウやエゾシカ、シマリス、オジロワシなどの多くの動物たちの繁殖地・休息地となっています。

1980年にラムサール条約登録地に指定され、国立公園として定められました。
住所:釧路市
アクセス:ホテルから車で平常時約40分 釧路プリンスホテル

ページトップへ

春の像はあの舟越桂のお父さまの作。

弊舞橋からの夕日

釧路市の幣舞橋は1889年当時、全道一長い木橋として架けられたのが初まりで、当時は有料で『愛北橋』と呼ばれていました。
1900年に国の手によって初代の幣舞橋が誕生し、あの石川啄木も釧路駅からこの橋を渡って下宿へ入ったと言われています。
現在の橋は初代幣舞橋から数えて5代目として1976年(昭和51年)に建設。
橋の欄干には春・夏・秋・冬を表現する「四季の像」を配し、エキゾチックな香りを漂わせています。
晩秋の広い太平洋を背景に空全体を紅に染める夕陽、夏の薄らと白い霧中に浮かぶ橋影と街路灯は
まさに日本ではここでしか見られない幻想的な風景です。
住所:釧路市北大通
アクセス:ホテルより徒歩5分 釧路プリンスホテル

ページトップへ

アイヌの伝説を思いながら舟を出す。

阿寒湖

全域が阿寒国立公園に含まれ、道東を代表する観光地。
特別天然記念物のマリモや、ベニザケの湖沼残留型であるヒメマスが生息しています。
湖の近くにはアイヌの人々の集落(アイヌコタン)があり、自然とともに生きてきた人々の生活や伝統文化にふれることができます。
住所:釧路市阿寒町
アクセス:ホテルより車で平常時約80分 釧路プリンスホテル

     

【夏プリ】~5つの観光施設を巡る~しつげん55パス付きファミリープラン 朝食付き

期間:2017年7月1日(土)~8月31日(木)
料金:1名さま ¥8,800より(1室2名さまご利用時)
釧路市内の5つの観光施設に入館することが出来る5日間有効の「しつげん55パス」が付いた宿泊プランです。
朝食はホテル最上階にある天井の高い開放的な展望レストランで和洋ブッフェ朝食をご用意しております。

ページトップへ

富良野

花言葉は「幸せがやって来る」。

ファーム富田

今では全国的なイメージになった「ラベンダーが美しい富良野」の発祥の地がここ。
初夏のラベンダーのほか、ポピーや白いかすみ草、秋にはクレオメやコスモスが咲き乱れ、
温室を利用することで冬の間もラベンダーも楽しめます。
名物のひとつ、ラベンダーソフトクリームも人気です。
住所:空知郡中富良野町基線北
アクセス:ホテルから車で平常時約20分 富良野プリンスホテル 新富良野プリンスホテル

ページトップへ

日本のヨセミテか。

層雲峡

大雪山国立公園にある峡谷で、石狩川を挟み約24kmもの断崖絶壁が続きます。
大雪山黒岳山麓にある層雲峡温泉は大型ホテルなどが立ち並ぶ北海道有数の規模を誇り、
層雲峡および大雪山観光の中心地となっています。
住所:上川郡上川町層雲峡
アクセス:ホテルから車で平常時約135分 富良野プリンスホテル 新富良野プリンスホテル

ページトップへ

自然のいたずらというのは美しい。

青い池

幻想的な風景で有名な「青い池」は、美瑛町白金地区にある人造の池。
白髭の滝などの湧水に含まれるアルミニウムに美瑛川の水が混ざり、生成されたコロイド粒子が青く見えるといいます。
夜間のライトアップも行われ、美瑛ブルーの火付け役になりました。
青い水面と枯れた木々が絵画のような美しさです。
住所:上川郡美瑛町白金
アクセス:ホテルから車で平常時約50分 富良野プリンスホテル 新富良野プリンスホテル

ページトップへ

函館大沼

150年前、海外へ開かれた港。

函館山

明治期に蝦夷地を守る軍事要塞築造のため、頂上が削られ10m以上低くなってしまいました。
日没の30分〜1時間前から刻一刻と変わる空の色は圧巻で、汽笛や海鳥の鳴き声を聞きながらの光景は旅情を誘います。
住所:函館市函館山
アクセス:ホテルより車で平常時約50分 函館大沼プリンスホテル

ページトップへ

できれば、宇宙から眺めてみたい。

五稜郭

幕末から明治へ。歴史の転換期に生きた男たちのドラマを、今に伝える五稜郭。
我が国最初の洋式城郭として建てられ、最後の内乱の舞台となったこの地は、 現在サクラやフジの名所としても知られる国の特別史跡となっています。
住所:函館市五稜郭町
アクセス:ホテルより車で平常時約40分 函館大沼プリンスホテル

ページトップへ

古くから海外の人にも愛された景色。

大沼国定公園

海外との交易が盛んだった函館港から近いこともあり、昔は海外の方の保養地でもありました。
日本新三景に選ばれた美しい風景が広がり、春は水芭蕉、夏はスイレン、冬は白鳥の飛来が楽しめます。
住所:亀田郡七飯町大沼町
アクセス:ホテルより車で約5分 函館大沼プリンスホテル
大沼の「食の旅」はこちらから EATRAVELLER

ページトップへ

頭の中をからっぽにして眺めたい。

日暮山の雲海

日暮山の山頂(303m)では9月下旬頃から11月末まで雲海を見ることができ,朝焼けの赤色と雲海の白とのコントラストを楽しめます。
日の出とともに気温が上がってくると徐々に薄くなり、水鳥の鳴き声とともに大沼が姿を現します。
住所:亀田郡七飯町西大沼
アクセス:ホテルより車で平常時約10分 函館大沼プリンスホテル

ページトップへ

開拓者たちを励ました星々。

城岱スカイラインの絶景・七つ星夜景

空気の澄む秋は、山上から眺める景色の鮮やかさが一際映えるシーズン。昼は函館平野と津軽海峡のコントラスト、
夜は眼下に広がる函館裏夜景「七つ星夜景」と、きらびやかな星空の対比は、息をのむほどの美しさです。
住所:亀田郡七飯町字上藤城
アクセス:ホテルより車で平常時約20分 函館大沼プリンスホテル

ページトップへ

北の大地に日本の砦。

松前城

日本最北のお城「松前城」がある松前公園は全国に知られた桜の名所。
250種約1万本の桜は4月下旬から5月下旬まで約1ヵ月楽しむことができます。
住所:北海道松前郡松前町
アクセス:ホテルより車で平常時約90分 函館大沼プリンスホテル

     

【山ガール始めませんか?】駒ヶ岳プチ登山とご当地グルメを味わうぐるりドライブ旅

期間:2017年6月1日(木)~9月30日(土)
料金:1名さま ¥16,000より(1室2名さまご利用時)
みなみ北海道の秀峰「駒ヶ岳」で登山を始めてみませんか。
魅力いっぱいの駒ヶ岳と3つの町のご当地グルメを味わうことができるプランをご用意いたしました。