東京今昔物語。

江戸時代の名残と近代的な都市空間が平気で混在する東京。
素性も性格も違うものを分け隔てなく受け入れる日本人の特性が、この都市を作ったのかも知れない。
時空を超えた東京の旅はどこまで行っても面白い。

高輪 品川

ホテルの中の歴史遺産。

グランドプリンスホテル高輪 日本庭園

ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪の3つのホテルに囲まれた
約20,000㎡におよぶ庭園は、1971年に旧高輪プリンスホテルの新築にともない造られたもので、
作庭者は皇居新宮殿なども手がけた、故・楠岡悌二氏によるものです。
園内は四季折々の表情を見せる花木や池などの美しい自然や、歴史的・美術的にも由緒ある史跡が点在しています。
住所:東京都港区高輪3-13-1
アクセス:ザ・プリンス さくらタワー東京 グランドプリンスホテル高輪 グランドプリンスホテル新高輪 品川プリンスホテルホテル内庭園

ページトップへ

池 袋

世界の乙女が通う聖地。

乙女ロード

アニメをはじめ、サブカルチャー関連の商品を扱う店が集まる池袋。
中でも、女性からの注目も高いと言われる「乙女ロード」はサンシャイン60の西側に位置する通りで、
その名前は女性を対象としたアニメグッズや同人誌など「乙女系」の商品を扱う店舗が密集していることに由来します。
住所:東京都豊島区 サンシャイン60前通り
アクセス:サンシャインシティプリンスホテルから徒歩3分

ページトップへ

都電を降りると銀杏の香り。

雑司が谷鬼子母神

本堂は区内最古の建造物で、都の有形文化財に指定されています。
インドの邪神が釈迦により改心し、安産・子育ての神となったと伝えられる鬼子母神は多くの人から信仰を集めています。
境内の大イチョウは、樹齢約六百年にもなり、東京都の天然記念物です。
住所:東京都豊島区雑司が谷3-15-20
アクセス:サンシャインシティプリンスホテルから徒歩15分

ページトップへ

二十面相以前の作品も読んでみたい。

旧江戸川乱歩邸

引っ越しを繰り返した小説家・江戸川乱歩の46番目の邸宅で、71才で逝去するまで31年間をこの家で過しました。
ヒット作「怪人二十面相」はここで誕生しました。
書斎や、貴重な資料の数々が詰まった土蔵は、立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センターとして公開されています。
住所:東京都豊島区西池袋3-34-1
アクセス:サンシャインシティプリンスホテルから徒歩22分

ページトップへ

空飛ぶアシカ、スーイスイ。

サンシャイン水族館

「天空のオアシス」をコンセプトに、エンターテインメント性と
非日常空間としておとなも満足するような「癒やし」「安らぎ」「くつろぎ」、そして「ココロ動かす、発見」を提供する水族館。
屋外にあるドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」は、水族館の象徴的な空間で、
頭上にアシカが空を飛ぶように泳ぐところを見ることができます。
住所:東京都豊島区東池袋3−1 ワールドインポートマートビル サンシャインシティ
アクセス:サンシャインシティプリンスホテルから徒歩3分

ページトップへ

新横浜

この景色、TVドラマで見たような。

横浜シンボルタワー

横浜港シンボルタワーは、本牧埠頭D突堤の広大な緑地の中に、1986年7月に完成しました。
タワーの高さは58.5mあり、横浜港に出入りする世界中の客船や貨物船が安全に航行できるよう、
階下にある本牧船舶通航信号所より情報や信号を送っています。
タワー正面の中央部にはステンレス製の鋳造彫刻『遥かなるもの・横浜』があり、国際平和と国際港湾都市横浜の発展を祈念しています。
また、タワー周辺にある緑地公園は、市民の憩いの場として開放されています。
住所:神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1-16
アクセス:新横浜プリンスホテルから車で平常時約35分

ページトップへ

ようこそ、世界一周の動物旅行へ。

よこはま動物園ズーラシア

「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに掲げるよこはま動物園ズーラシア。
この「ズーラシア(ZOORASIA)」という愛称は、動物園(ZOO)と広大な自然をイメージしたユーラシア(EURASIA)の合成語で、
平成8年(1996年)秋に市民公募で選ばれました。
生息環境展示や世界の気候帯・地域別にゾーニングすることにより、
世界旅行ができる動物園として植物や自然環境について楽しく学べます。
住所:神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
アクセス:新横浜プリンスホテルから車で平常時約29分

ページトップへ

カフェの「醤油パン」はおすすめ。

エリスマン邸

生糸貿易商社シーベルヘグナー商会の横浜支配人として活躍した、スイス生まれのフリッツ・エリスマン氏の邸宅は、
「近代建築の父」といわれるチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドにより設計されました。
創建当時は木造2階建て、和館付きで建築面積は約81坪。
屋根はスレート葺、階上は下見板張り、階下は竪羽目板張りの白亜の洋館でした。
洋風住宅の意匠と、木造モダニズム的要素を持ち、レーモンドの師匠である世界的建築家F.L.ライトの影響も見られます。
1990年、元町公園内の在地(旧山手居留地81番地)に再現され、昔の厨房部分は喫茶室としても利用されています。
住所:神奈川県横浜市中区元町1-77-4
アクセス:新横浜プリンスホテルから車で平常時約27分

ページトップへ

川 越

素敵な人と巡り会えますように。

川越氷川神社

本殿裏手に、2本の大きなご神木(ケヤキ)があり、
その2本のご神木を八の字を描くように歩いたり、触れることでご利益があるといわれています。
本殿に沿って、たくさんの絵馬が飾られており、「絵馬のトンネル」ができていて、快晴の日は神秘的に見えます。
住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
アクセス:川越プリンスホテルから車で平常時約10分

ページトップへ

緊急時は井戸から霧が湧き、城を隠したという。

川越城 本丸御殿

扇谷上杉持朝が、後に江戸城を築城した太田道真・道灌親子に命じて造らせた城で、日本100名城に選定されています。
江戸幕末より残る松の絵の絵板戸など貴重な文化財がある大広間や、
台場江戸末期に黒船襲来に備えて話を交わす武士の人形を鑑賞しながら、当時に思いを馳せるのも楽しいひとときです。
住所:埼玉県川越市郭町2-13-1
アクセス:川越プリンスホテルから車で平常時約10分

ページトップへ

100円玉を握りしめ、どれにしようかな…

菓子屋横丁

長さ約80mもある、菓子屋横丁の商店街。狭い路地に20数件の店が並んでいます。
駄菓子や団子、芋菓子など、昔懐かしい味に出会える場所で、一歩足を踏み入れると誰もが子供に返った気分が味わえます。
タイミングが合えば、実際に飴を作っている様子を見ることができるかも。
住所:埼玉県川越市元町2
アクセス:川越プリンスホテルから徒歩14分